翠将鬼ジェルザーク1 初見1飯勝利の報告と簡易攻略

翠将鬼ジェルザーク1は初見誘われ待ちで1飯で勝てました。
とりあえずお試しということで、
レギロガのカテドラルブレス100装備を使いまわして
安い転び踊り足だけ購入して扇天地で参戦しました。

タイムは9分台前半で初見にしてはたぶん早いほうだと思われます。

一応証拠画像

とりあえず筆者はブレス100混乱眠り転び踊り100
の耐性で乗り込み特に問題はありませんでした。
どの耐性が必要でどの耐性がいらないかはまだ判断できませんが、
とりあえず呪いと封印はいらないと思われます。

構成は現時点では魔法2+天地か魔戦+僧侶が良いようです。
最終的に天地と魔戦どちらに席があるかはまだなんとも言えません。
ボスは怪人系で耐性が炎と氷が1倍、その他の属性が0.3倍なので
占いなどはほぼ席がないと思われます。

全員共通で言えるのはわたあめを食べて
常にジャンプ状態を維持することがほぼ必須となります。
雑魚の攻撃にジャンプ回避が必要な攻撃があるからです。

天地はカカロンを召喚し、
ボスの前に立ってできるだけ壁と範囲誘発をします。
筆者は扇炎13が手元にあったのでそれとひばしら宝珠
をつけて参加しました。

魔法は雑魚やボスが溜め始めたら急いで攻撃しましょう。
溜めが終わるまでに一定ダメージを与えると
詠唱がキャンセルされます
キャンセルに失敗すると広範囲にマグマが発生して
一気に苦しくなるので注意しましょう。

あとは翠光魔弾がさそりでいうとブラッドウェーブのようなものなので
出来る限り避ける必要があります。

翠将の威風は敵の周囲ですが、発動が早く避けるのが困難でした。
翠将の喝破はさそりでいうと破軍のようなもので
これは可能な限り避ける必要があります。
おぞましいおたけびは敵の周囲なのでこれも必ず避けましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です