聖守護者の闘戦記攻略!(暫定版)

聖守護者の闘戦記がついに実装されました!
予想を遥かに超える超難易度でバザー相場が跳ね上がりました。

筆者も1は野良誘われ待ち縛りで2キャラ攻略することができましたが
2は野良誘われ待ちで2体赤が限界でした。
内1回は12分で2体黄になる超ラッキー展開で
いけるかと思われましたが、
2体赤の途中で事故全滅しました;;
その時の構成は戦戦天僧でした。

基本的に戦戦天僧は超鬼畜で全員に高いPSが求められます。
正直この構成は1なら良いですが2ではおすすめしません。

2でおすすめなのが戦天占僧もしくは戦天天僧です。

気づいたのが深夜で勝つことはできませんでしたが
戦天占僧でかなりいい所までいけました。

復讐テンションバイシスカラ聖女などの宝珠は
できるだけ入れましょう。
心頭滅却する場合、瞬き宝珠は必須です。
偽レビュール南のモヒカントなどで取れます。

筆者の独断と偏見で各職の推奨装備を書いてみます。
異論は認めますw
多少エアプが混ざります。
必要耐性は呪い混乱おびえブレスです。

打たれ名人12と170スキルの被ダメ減5があれば
ブレス60%でHPが少なくとも610以上なら
滅却しなくてもブレスで即死しないことが判明しました。

 

装備、各職の行動編

 

・防具はセットで揃えましょう。

 

戦士

 

・天恵石のつるぎ+3 会心盛れるだけ
・雷竜の大盾+3  ブレス 滅却するか否かで必要数が変わります
※超お金持ちなら盾体上理論値+宝珠飾り石でブレス100にできます。
筆者は無理なのでしません!

・鉄壁の兜+3     HP3枠かHP2枠+怯え
・鉄壁のよろい上+3  ブレス+呪い100
・鉄壁のよろい下+3  混乱100幻惑60
・鉄壁のグローブ+3  会心盛れるだけ
・鉄壁のすねあて+3  みかわし盛れるだけ

・顔 死神のピアス+4特技ダメかダークグラス攻撃6
・首 きんのロザリオ+4 攻撃と致死
・指 武刃将軍のゆびわ+4
・胸 アヌビスのアンク+4
・腰 戦神のベルトか輝石のベルト
※特攻1=攻撃3ぐらいなので獣ゾンビ特攻優先で
・札 不思議のカード+3 HP15攻撃8きようさ15
・他 大地の大竜玉+4
・証 忠義の勲章 会心かHP

※超お金持ちなら闇100もありですが3でどうなるか分からないので
自己責任で!

2はどちらも2回行動確定なので、
相手の行動を見てメイブの時のように後出し行動を心がけましょう。
特に獣は避けれる技は可能な限り避けましょう。

 

僧侶

 

僧侶はやらないので超エアプですw

・最新付近のスティック+3 速度18%以上
・盾+3        ブレス耐性 体上宝珠と合わせて60以上

・最新付近の頭+3    混乱100とおびえ
・最新付近の体上+3   ブレス+呪い100
・最新付近の体下+3   回復魔力盛れるだけ
・最新付近の腕+3    速度18%以上
・最新付近の足+3    みかわし盛れるだけ

・顔 死神のピアス+4 呪文回復
・首 きんのロザリオ+4  HPと致死
・指 魔導将軍の指輪+4
・胸 イシスのアンク+4 回復魔力
・腰 ハイドラベルト+3か輝石のベルトか戦神のベルト
・札 不思議のカード+3  HP15回魔15とMPか守備
・他 大地の大竜玉+4
・証 僧侶の証

 

占い

 

・セイクリッドソード+3 会心盛れるだけ
※天恵石でもたぶん可
獣特攻はタロットに乗りません。

・盾+3       ブレス 僧侶と同じで

・クルーガーハット+3    混乱100怯え
・クルーガースーツ上+3   ブレス+呪い100
・クルーガースーツ下+3  攻撃魔力盛れるだけ
・クルーガーグローブ+3   会心
・クルーガーブーツ+3    みかわし

・顔 ダークアイ+3 攻撃魔力9
・首 きんのロザリオ+4 HPと致死
・指 魔道将軍のゆびわ+4
・胸 セルケトのアンク+4
・腰 戦神のベルトか輝石のベルト 雷特技+あれば闇特技
※タロットのダメージに特攻はのりません。
・札 不思議のカード+3 HP15攻魔15あと一つは好み
・他 大地の大竜玉+4
・証 占い師の証

攻撃魔力を盛れるだけ盛って塔と死神で削ります

・筆者のデッキ参考

月が手元にきたらできるだけ置いて幻惑を狙いましょう。
どちらにもたまに入ります。
女教皇は主にシャドウウィスパー、闇の流星の感電対策です。
モッツァレーラは他のモンスターに変えても良いです。

魔王がチャージしたらできるだけアイギスと魅惑を使って
塔を連打しましょう。
範囲攻撃を使い切ったらエンゼルで死神を呼び出し連打しましょう。
魅惑が維持できていればかなりのダメージを稼ぐことができます。

占いはMPが枯れることがないので超エコです。

 

天地編

 

・プロセルピナ+3 最悪防衛産でも可
・盾+3      ブレス 僧侶と同じで

・クルーガーハット+3    混乱100怯え
・クルーガースーツ上+3   ブレス+呪い100
・クルーガースーツ下+3  攻撃魔力盛れるだけ
・クルーガーグローブ+3   消費無し
・クルーガースーツ+3    みかわし

・顔 ダークアイ+3 攻撃魔力9
・首 きんのロザリオ+4 HPと致死
・指 魔道将軍のゆびわ+4
・胸 セルケトのアンク+4
・腰 戦神のベルトか輝石のベルト 土特技+あれば攻魔
※めいどうふうまは土属性です。
・札 不思議のカード+3 HP15攻魔15あと一つは好み
・他 大地の大竜玉+4
・証 魔人の勲章+3  ためる

めいどうふうまの宝珠は必ず入れましょう。
カカロンを召喚したらめいどうふうまで削ります。
カカロンのアイコンが点滅したらすぐに再召喚しましょう。

 

攻略編

 

まずは敵の危険な技の対策をしましょう。

 

獣編

 

・シャドウウィスパー

直線状に発射され、
当たると400程度のダメージ+はどう+鈍足+デバフ
が付くのでまともに行動できなくなります。
真横によければ避けられますがかなりシビアで、
わずかでも逃げ遅れたら被弾してしまいます。
戦士はこれを避けられるかが重要になってきます。

・狂い裂き

獣中心の周囲に4回攻撃をします。
ヘナトスや幻惑が入っていないと高確率で死にます。
離れることで回避できます。
後ろにも当たるので要注意!

・大地の爪牙

1ではターンエンドと押し反撃、2では普通に使ってきます。
獣の周囲全員に高威力の攻撃+ショックの追加効果です。
この技がかなりえげつなく、2ではしばしばこの技で壊滅します。
ショックは耐性で防ぐことができません。
できるだけ獣の周りに固まらないなどでしか
対策できないのが現状かと思われます。

・魔蝕

HPがある程度減ると使用してきます。
敵の周囲に650程度の闇ダメージ+呪い、混乱、幻惑、耐性減
がつきます。
離れれば避けることができます。
できるだけ避けたいですが、どうしても当たってしまうことがあるので
耐性を付けておきましょう。

・覚醒の咆哮

怒った時の最初のターンに使用し、
攻撃2段階上昇+回避率上昇がつきます。
可能なら行動する前にロストアタックしましょう。

・邪魂冥道波

HPが黄色以降と怒り時に使用してきます。
射程無限?の直線にいる全員に1000ダメージ程度を与えてきます。
横に移動して避けましょう。

 

がいこつ編

 

・シールドブーメラン

敵の直線にいる全員に即死級のダメージ2回を与えてきます。
横に移動することで避けることができます。
当たるとほぼ死にますので避けましょう。

・ジバルンバ

敵の足元に即死級の威力のトラップが設置され、
しばらくすると発動されます。
離れて回避しましょう。
意外と範囲が広めなので多めに離れましょう。

・シールドバッシュ

ターンエンドに使用され敵の前方?にダメージ+スタンの効果です。
がいこつの後ろに移動すれば避けられます。

・闇の流星

HPが黄色以降に使用され、対象と周囲に
500程度の闇ダメージ+感電を受けます。
非常に危険な技で複数人がまとめてくらうと壊滅しますので
狙われた人から離れて1人で受けるようにしましょう。

・獄門クラッシュ

HPが黄色以降に使用され、
全範囲に1200程度のダメージを与えてきます。
ジャンプ、ホップスティックで回避できます。
獄門クラッシュ!の文字が表示されてから
1~3秒くらいにジャンプすれば避けられます。
非常に危険な技で、当たると即死しますので
黄色以降はがいこつをできるだけ視界にいれ、
ジャンプで回避しましょう。

 

実際の流れ

 

・がいこつの通常攻撃の威力がかなり高く
1でも戦士がワンパンになります。
基本即死ゲーなので聖女、盾ガ、みかわし、ロザリオ
などが重要となります。

・基本的な戦い方は戦士が獣の壁をしながら
がいこつに真やいばくだきを入れます。
できるだけ2体の距離が離れないように立ちまわり
範囲で巻き込めるようにしましょう。

獣が黄色になったら戦士ががいこつに張り付いて削ります。
そうすることでがいこつが黄色になった後、
スカイプなどがなくても全員が獄門クラッシュを理論上は回避できます。
もちろん行動中などで回避できない場合もありますので、
保険にホップスティックをできればしておきましょう。

・占いの月で幻惑になることを祈りましょうw
2でもたまに入ります。
1体でも幻惑すれば格段に楽になります。

今日の1で範囲ほぼ全被弾称号なしの戦士と当たりましたが
自分が占いで一応勝てましたので、戦占天僧は超オススメです。

1ならメンツ次第ですが12分程度で倒せることもあります。
是非おためしを!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です