メイヴ用装備を安く揃えよう!

・今回はメイヴに通う為に必要な装備、スキルなどを
解説したいと思います。
職によって違うので職毎に見ていきましょう。

戦士編

防具はセットで揃えましょう。

・最新付近の片手剣+3 会心4.2%以上
・90以上大盾+2~3  錬金不問 
※可能なら呪文耐性を付ければ会心ガードで
ギガデインに耐えます。 4の時は盾ガードの方が良いです。

・90以上頭+3    できればHP21以上 泥耐え調整
・90以上体上+2~3  錬金不問 できれば呪いか守備
・90以上体下+2  幻惑100
・90以上腕+3   会心4.2%以上
・90以上足+2~3  錬金不問 できればみかわしか移動速度

・顔 死神のピアス+3~4 特技ダメ
・首 きんのロザリオ+4 攻撃と致死
・指 武刃将軍のゆびわ+3~4
・胸 セトかアヌビスのアンク+4 レベル3、4で泥耐え調整
・腰 戦神のベルトか輝石のベルト 
※水1=攻撃3ぐらいなので水特攻優先で
・札 不思議のカード+3 HP15攻撃8きようさ15
・他 大地の大竜玉+4
・証 忠義の勲章 会心かHP

武器と腕だけは防衛軍やゼルメア産のゴミ錬金装備はやめましょう!
武器と腕と体下だけある程度まともな物を買った場合、
予算250万以下で揃うと思われます。

・スキルについて
勇敢スキルは180でスキル内訳の推奨は
160=特技会心 170=被ダメ減 180=特技ダメ+

片手剣スキルは180でスキル内訳の推奨は
160=会心率 170=攻撃力 180=不死鳥

・宝珠について
打たれ名人、真刃砕きの技巧、はやぶさ切り、超はやぶさ切り、
不死鳥天舞、やいばのぼうぎょの宝珠は最低でも入れましょう。

・戦士は競争率が高いので、
攻撃力やHPが低かったりアクセが微妙だったりすると
誘われにくいので注意しましょう。
緑玉を出す時は水特攻を明記しましょう。

僧侶編

防具はセットで揃えましょう。
可能なら雷100を目指しましょう。
※お金がないなら目指さなくても良いです。

・85以上スティック+3 速度18%以上
・盾+3        雷か呪文耐性

・85以上頭+3     できればHP+14以上
・80以上体上+3    回復魔力30以上
・80以上体下+2~3   回復魔力30以上かマヒ100
・80以上腕+2~3    速度12%以上
・80以上足+2~3    錬金不問 できればみかわしか移動速度

・顔 死神のピアス+3~4 できれば呪文回復
・首 きんのロザリオ+4  できればHPと致死
・指 魔導将軍の指輪+3~4
・胸 イシスのアンク+3~4 回復魔力
・腰 ハイドラベルト+3か輝石のベルトか戦神のベルト
・札 不思議のカード+3  HP15あれば回魔15MPか守備
・他 大地の大竜玉+4か風雷のいんろう
・証 僧侶の証

※回魔が重要なので、できるだけ盛りましょう。

・スキル編
女神の祝福は最低でも取りましょう。
スティックも可能な限り振って
回魔とMPを盛りましょう。

・宝珠編
打たれ名人は必須で、ザオラルの瞬き、ベホマラーの瞬き、
ザオラルの戦域など僧侶に関係する宝珠は可能な限り入れましょう。

・僧侶は割りと少なめなので、
よほど装備やアクセやステータスが変じゃない限り
そこそこ誘われるでしょう。

占い編

防具はセットで揃えましょう。

・最新付近の弓+3 できれば攻撃、最悪防衛産でも可

・80以上頭+3    HP14以上 
・80以上体上+2~3  錬金不問
・80以上体下+2   幻惑100
・80以上腕+3     錬金不問 あるなら会心
・80以上足+2~3  錬金不問 できればみかわしか移動速度

※占い師は最悪体下幻惑以外、白箱防衛軍ゼルメア産でも
大丈夫かと思われます。
予算約25万G!
ただその分、専用デッキを作成する面倒さがあるのと
石割の責任があるので注意しましょう。

・顔 死神のピアス+3~4 特技ダメ
・首 きんのロザリオ+4 攻撃と致死
・指 武刃将軍のゆびわ+3~4
・胸 セトかアヌビスのアンク+4 泥耐え狙うならアヌビスもあり
・腰 戦神のベルトか輝石のベルトかハイドラベルト 
※ただ攻撃がついてるものでも良いです。
タロットのダメージに特攻はのりません。
さみだれうちには特攻がのります。
・札 不思議のカード+3 HP15攻撃8あと一つは好みで
・他 大地の大竜玉+4
・証 魔人の勲章+3か忠義の勲章 お好みで 証は微妙

・スキル編
うらないスキルは180でスキル内訳の推奨は
160=特技ダメか被ダメ減 170=特技ダメか被ダメ減 180=魔王

弓スキルは180でスキル内訳の推奨は
160=さみだれうち 170=攻撃力 180=ロストスナイプ

・宝珠編
打たれ名人など基本的なものは揃えましょう。
さみだれうちが必須で、あれば果て無き魅惑の水晶球と
弓星の守り星の戦域を入れましょう。

・占いはやる人が少なめなので、弓を装備していれば
よほど変な装備やステータスでない限り誘われるでしょう。
筆者の弱サブの弓占いは攻撃540程度ですが、
ゴールデンタイムに緑玉を出せば1分以内にほぼ誘われます。

・占いデッキ参考

弱サブのデッキなので多少突っ込みどころがありますが
アルカナに関してはこれでよいかと思われます。
4では世界を減らしてもよいです。

力はリセットベールで回転させながら引きます。
魔王のチャージがなくて暇な時はさみだれうちで攻撃し、
石はAペチかロストスナイプで壊します。
ロストスナイプはタイミングがやや難しいですが、
遠距離から石を破壊できるので
石に近づくのが危険な時などに役に立ちます。

メイヴの記事はもう書く気がないのでここで書きますが、
石割のタイミングは
Aペチが9秒、塔が8秒、ロストスナイプが7.3秒、死神が7秒です。
ロストスナイプは死神と同じかわずかに遅めで考えましょう。

~の海冥の侵食!の表示が出たときに左上の残り時間を見て
Aペチの場合下1桁に1を足します。
死神の場合3を足します。
下1桁の数字がその数字になった時にスキルを発動すれば
伸縮を数えなくても石を壊せます。

ただしゲノムデビルがメイヴに重なっていたりして
~の海冥の侵食!の表示が遅れるときがたまにあります。
そのときはある程度感覚に頼って左上の秒数を見て数字を足しましょう。

分からない場合や難しい場合は普通に伸縮を数える方法で良いです。
ある程度慣れが必要なのでサポで石割の練習をしましょう。

占い弱体後は塔で壊すのは安定しないと思われるので
弓で壊すのがよいでしょう。

※どうぐつかいの装備、アクセは腕を速度にする以外は
占いとほぼ同じで大丈夫かと思われます。
宝珠はプラズマリムーバーの戦域と
ガジェットの閃きを入れましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です